今や無くてはならない存在
インフラエンジニアの仕事と社会的な需要

インフラエンジニアという職種の特徴を一言で言えば、「地味」ということになる。アプリケーションエンジニアなら、アイデア力が求められることもあるのだが、インフラエンジニアはとにかく手堅い仕事をしていくことが求められるのだ。当たり前のことを当たり前にできる人こそが、こうした仕事に向いていると言える。ただし、すべてのエンジニアの中でも最も社会に必要とされていることを忘れてはならない。インフラエンジニアがいなければ、クリエイティブ系の仕事をする各種エンジニアの存在もあり得ないからだ。

求人案件の数も非常に多いのがこの職種の特徴で、しかも年収もかなり手堅い点が歓迎されている。平均年収は500万円前後だと言われているので、結婚をして家庭を持つことも可能だ。ある程度のスキルがあれば、長く働いていける点も、他のエンジニアとは少し違うところだ。地味な仕事をコツコツと毎日継続していける人が、こうした職種には適正が高いと言える。フリーランスではなかなか難しいので、企業に所属をして働くことになる点が、フリーエンジニアが多いIT業界でも少し特殊である。今後も需要が減ることはまず考えられないのも、これからインフラ業界に進みたい人には喜ばしいことだ。このようにさまざまなメリットを含有している職種であって、専門学校に数年通って目指すだけの価値は十分にある仕事だと言える。求人案件の内容を確認して、必要な能力を身につけておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です